ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 桃満開 摘花作業真っ只中

本文

桃満開 摘花作業真っ只中

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2007年4月5日掲載

摘花作業の様子

 府内最大の桃の産地、包近(かねちか)町では桃の花が満開を迎え、栽培農家は花を間引く摘花(てっか)作業に追われています。

 桜が満開を迎えるこの時季、桃畑では桃の花も満開を迎え、濃いピンク色の世界があたり一面に広がっています。
 一方、上質な桃にするためには花と実の段階で間引く作業が必要で、朝から一本一本手作業で摘花を行い、7~8割の花を間引きます。

 栽培農家によると、今年は例年より10日程早い3月中旬から、早生の品種「はなよめ」から花をつけ始めたそうで、「好天が続けば初出荷も早まるのでは…」とのことです。摘花作業は今月いっぱい続けられ、6月の収穫に備えます。


Danjiri city kishiwada