ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 「第19回親子そろってそろばんまつり」が開催されました

本文

「第19回親子そろってそろばんまつり」が開催されました

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2007年2月20日掲載

 2月18日(日曜日)、午前9時から産業会館(別所町3丁目)で「第19回親子そろってそろばんまつり」が開催されました。
 この行事は、親子でそろばんに親しみながら珠算への興味や理解を促進しようと平成元年から毎年行われています。市と岸和田商工会議所が岸和田珠算協会の協力を得て開催しており、このような催しは全国でも珍しいそうです。初めて参加する5歳児~小学3年生の子どもとその保護者、2人1組が対象で、市の広報紙に参加者募集の記事が載ると1日で定員の100組が集まるほどの人気ぶり。

壇上でそろばんの説明をする指導者の写真

 参加した子どもたちの大半がそろばん初体験というなか、指導者に一からそろばんを教わりながら、おじいちゃん・おばあちゃん・お父さん・お母さんと顔を寄せ合って足し算の練習問題に取り組みました。今話題のフラッシュ暗算体験もあり、ぱっぱっとフラッシュして前のスクリーンに表示される数字を足していく問題には、腕に覚えのある保護者も真剣そのもの。3桁の数字を数秒間に5個、6個と足していくような難しい問題を正解した人には大きな拍手がおくられていました。

指導者に教わりながらそろばんをはじく子どもの写真

 そろばんに取り組んだ後には、歌手・タレントの大奈の楽しい歌とお話があり、最後にはビンゴゲームと盛りだくさん。
 お母さんと参加した別所町在住の小学2年生の女の子は、「そろばんは習っていないけどおもしろい」と感想を話してくれました。


Danjiri city kishiwada