ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 木綿物語フェアを開催

本文

木綿物語フェアを開催

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2005年11月4日掲載

 11月3日文化の日、浪切ホール(港緑町)では「木綿物語プロジェクト」の一環として、木綿物語フェアが開催されました。

木綿製品を販売

 「木綿物語プロジェクト」は市民の皆さんに綿づくりの楽しみを味わってもらい、地域の企業・団体グループがその綿を集めて、「市民が育てた綿」を主原料にしたオリジナル製品づくりを広げるという取り組みで、既に約100人の市民が綿を育てるサポーター会員として活動を続けています。

きしわたの会の展示

 午後4時まで行われたフェアには、時折小雨のぱらつくお天気にも関わらず約2,000人が来場。綿繰り機体験コーナーや協賛企業によるコットン製品のアウトレットコーナーなど、あちこちに人だかりができ、終日大にぎわいでした。
 中には昨年もらった綿の種を自分で育て、今日はその綿で糸繰りをするために来たという親子づれもおり、活動は市民に広く根付いているようです。

糸繰り体験


Danjiri city kishiwada