ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 2,000本安打達成の清原和博選手に市民栄誉賞授与

本文

2,000本安打達成の清原和博選手に市民栄誉賞授与

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2004年12月6日掲載

 12月6日(月曜日)、港緑町の浪切ホールで読売ジャイアンツの清原和博選手の市民栄誉賞授与式が行われ、市長らから賞状や記念品が手渡されました。
 これは、今季プロ野球史上31人目となる通算2,000本安打を達成するなど、多くの人々の称賛を集められるとともに、市民に希望を与えてくれたことによるものです。市民栄誉賞の授与は、昭和63年に棋聖・王将の2冠を手にされた南芳一氏以来、2人目となります。
 「負けることが一番嫌いな岸和田市民ですから、岸和田の代表として東京で思いっきり暴れまわって、必ず勝って帰って来たい」と清原選手があいさつすると、会場からは盛大な拍手が送られました。
市長から記念品を受け取る清原選手


Danjiri city kishiwada