ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > シラス漁が始まる

本文

シラス漁が始まる

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2002年5月13日掲載

 イカナゴ漁が終わった大阪湾で、今月7日からシラス漁が始まりました。
 関西空港沖の漁場には、神戸方面や淡路島からも多くの漁船がシラス漁にきており、あたりは漁船の密集地帯。
 岸和田には、岸和田漁港と春木漁港で22の船団があり、春木漁港では、午前4時から漁に出ています。シラスの漁獲高は年々減少しています。今日(13日)のシラスは、少し小さめでしたが質が良く、漁獲量はまずまずといったところ。
 シラスはその日のうちに釜ゆでされ、1kg約3千円で地元のほか、東京方面などに出荷されています。

漁の写真1
水深20mの海にバッチ網を入れて、漁船で1時間ほど引きます。

漁の写真2
網をクレーンで引き上げ…

漁の写真3
網に入ったシラスを大きな容器に移します。

漁の写真4
小さな容器に移し替えて、上に氷をまぶします。

漁の写真5
運搬船に移され、漁港へ運ばれます。

漁の写真6
陸揚げされて、すぐ隣の工場で釜ゆでされます。


Danjiri city kishiwada