ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > セラピードッグと一緒に遊んだよ!

本文

セラピードッグと一緒に遊んだよ!

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2021年3月16日掲載

 3月7日(日曜日)、図書館本館(岸城町)でイベント「セラピードッグで読み聞かせだワン」を開催しました。
感染対策をしながら、4家族10人が参加しました。

 セラピードッグとは、ふれあいや交流を通じて、病気やケガまたは精神的な痛手を受けた人の不安を減らしたり、心と体を癒す働きをする高度な訓練を受けた犬のことです。

 この日は、認定NPO法人日本レスキュー協会から「読書介助犬」として、チワワの「みわ」、柴犬の「みおん」、ゴールデンドゥードルの「にこり」の3頭が来てくれました。

チワワのみわ チワワの「みわ」

柴犬のみおん 柴犬の「みおん」

ゴールデンドゥードルのにこり ゴールデンドゥードルの「にこり」

 参加した子どもたちは、自分で犬たちに読んであげたい絵本を選ぶと、座って犬と向かい合い、絵本を読んであげていました。時折、犬たちの顔を確認しながら、優しく絵本を読んであげている子どもたちの姿が印象的でした。

犬に読み聞かせをする子どもたち

犬に読み聞かせをする子どもたち

犬に読み聞かせをする子どもたち

犬に読み聞かせをする子どもたち

犬に読み聞かせをする子どもたち

犬に読み聞かせをする子どもたち

 読み聞かせのあとは、おやつをあげたり、頭や体をなでたり、抱っこしたり、輪くぐりで遊んだり…犬たちとの触れ合い時間を楽しんでいました。

犬たちと触れ合う子どもたち

犬たちと触れ合う子どもたち

犬たちと触れ合う子どもたち 輪くぐりが上手な「みおん」

犬たちと触れ合う子どもたち

犬たちと触れ合う子どもたち

プレゼントのポストカードをもらって嬉しそうな子供たち 日本レスキュー協会からポストカードのプレゼント

 イベントの最後には、日本レスキュー協会から災害救助犬のお話や、図書館からは人に寄り添う犬たちや働く犬たちの本の紹介があり、子どもたちはますます犬に興味を持った様子でした。

災害救助犬の話をする日本レスキュー協会の人

 感想を聞くと、皆さん「おとなしくて可愛かった」「楽しかった」「癒された」「また来てほしい」と笑顔で話してくれました。


きしわだの話題
Danjiri city kishiwada