ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 新人職員に聞く―市役所に就職してから半年が経って―

本文

新人職員に聞く―市役所に就職してから半年が経って―

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2009年10月5日掲載

 平成21年度が始まってから早くも半年がたちました。一日いちにちが過ぎるにつれ、寒さすら覚える朝夕の涼しさが秋の訪れを感じさせます。

 岸和田市役所では、いつもどおり業務が行われている一方で、日々新しい経験をしながら職務に励む職員たちがいます。
 それは採用後、半年を経てもまだまだ初々しさが残る新人職員たち。部署が異なれば市の職員同士といえども、なかなか彼・彼女たちと話すことはありません。広報公聴課では、市民の皆さんには彼・彼女たちの素顔を少しでもお伝えし、市職員とはどんな人なのかというイメージを持っていただく、そして市職員には誰もが持っていた初心を思い出してもらうことを目的にインタビューを企画しました。

 そこで、9月24日(木曜日)~30日(水曜日)にかけて行われた新規採用職員の後期研修を機会に、彼・彼女たちに就職してからの半年を振り返ってもらい、現在を語ってもらいました。

新人職員集合写真

※ 本来は新人職員の皆さんにお話を伺いたいところですが、今回は4人の方からお話を伺いました。

質問項目

  1. 岸和田市の職員(公務員)にどうしてなろうと思いましたか
  2. 現在、どんな仕事をしていますか
  3. 仕事に取り組む上でどんなことに気をつけていますか
  4. やりがいを感じるのはどんな時ですか
  5. 半年を振り返り、4月と今を比べて自分自身何か変わった(気付いた)事はありますか
  6. 岸和田市の職員採用試験を受けようと思っている人へのメッセージをお願いします

山中望さん(固定資産税課 事務職)

山中望さん

1.岸和田市の職員(公務員)にどうしてなろうと思いましたか

 人と接する仕事がしたいなと思っている時に、市の広報を見て「人と接する仕事を一緒にしませんか」や募集要項にあった「熱い人募集します」というような言葉に興味を持ってやってみようかなって思いました。

2.現在、どんな仕事をしていますか

 新築の建物の調査に行って固定資産税の評価や、窓口に来られた市民の方に名寄せ帳を出したりして固定資産税についての説明をしたりする他、固定資産課税台帳の整理をしています。

3.仕事に取り組む上でどんなことに気をつけていますか

 入ったばかりでまだ分からないことがいっぱいありますが、できるだけ早く仕事を自分のものにしたいので、メモを取ったり、仕事に取り掛かる前にじっくりと考えることに気をつけています。できるだけ市民の立場に立って物事を考えたいなと思っています。

4.やりがいを感じるのはどんな時ですか

 窓口対応の際に来られた方が「ありがとう」と言ってくださったり、こちらから送った書類の返信に「本当にお世話かけました。ありがたかったです」みたいなメッセージがついていたことがあって「よかったなー」って思いました。うれしかったです。

山中望さん

5.半年を振り返り、4月と今を比べて自分自身何か変わった(気付いた)事はありますか

 市役所に勤める前に別の職場で働いていたんですが、前はお客さんと接する仕事ではなかったんです。ところが、市役所に勤め始めて人と接するという機会が増えて、それに関しては成長したんではないかと。まだまだこれからなんですけれど。

6.岸和田市の職員採用試験を受けようと思っている人へのメッセージをお願いします。

 私も熱い人と一緒に仕事したいなって思っています。やる気があって好奇心旺盛な人に入ってきて欲しいと思います。

米本優さん(市民病院事務局 事務職)

米本優さん

1.岸和田市の職員(公務員)にどうしてなろうと思いましたか

 岸和田に生まれ育ってずっと岸和田のことが好きなので、岸和田を日本で一番住みやすい場所にしたいと思って職員になろうと思いました。

2.現在、どんな仕事をしていますか

 病院の事務局で職員の出勤や出張の状況を把握する勤怠関係、医師の兼業や医師の労災や公務災害の手続きなど、総務関係の仕事をしています。また、カルテの開示や整理などの仕事もしています。

3.仕事に取り組む上でどんなことに気をつけていますか

 患者さんや職員の気持ちに立って、少しでも相手が求めている事をできるようにしたいと思って頑張っています。

4.やりがいを感じるのはどんな時ですか

 医師や看護師に「やってもらって助かったわ」と言われた時に一番やっててよかったなと感じます。

米本優さん5.半年を振り返り、4月と今を比べて自分自身何か変わった(気付いた)事はありますか

 私の一つひとつの言葉や行動で市職員が評価されると思うので、市民の方から評価されるよう行動に責任感を持てるようになりました。

6.岸和田市の職員採用試験を受けようと思っている人へのメッセージをお願いします

 とても働きやすい職場環境なんで、ぜひ一緒に働きましょう。

 

森本雄也さん(公園街路課 技術職)

森本雄也さん1.岸和田市の職員(公務員)にどうしてなろうと思いましたか

 岸和田市は神於山など豊かな自然に恵まれ、泉州地域では唯一お城がある街です。毎年9月になるとだんじり祭りがあり、街全体が活気に満ちあふれます。私はそんな街に魅力を感じているだけに、岸和田市を泉州地域を代表する良い街にし、全国の地方自治体のモデル都市にしたいと強く思ったからです。

2.現在、どんな仕事をしていますか

 公園の維持管理や都市計画法で定められている風致地区内に建築物等を立てる際の審査・許可などを担当しています。大阪府自然環境保全条例に基づく緑化計画書や図面のチェックなどの仕事もしています。

3.仕事に取り組む上でどんなことに気をつけていますか

 公園で誰もが安全・安心に、気楽に遊んだり、快適に休憩したりできる場でなければならないと思っています。公園の整備計画や維持管理などを行う際は、これらのことを念頭に仕事を進めています。また、風致地区などに関しては周辺環境との調和を常に意識しながら、開発業者の方に助言・指導を行うようにしています。

4.やりがいを感じるのはどんな時ですか

 自分の作成した起案が、課長や部長から決裁され、印鑑が押されて戻ってきた時です。決裁されたということは、作成した起案内容に不備がなく、自分の意見・提案が通ったんだな、とうれしくてやりがいを感じます。森本雄也さん

5.半年を振り返り、4月と今を比べて自分自身何か変わった(気付いた)事はありますか

 4月のころは、未知の世界へ入っていく感じで、右も左も分からず、職場の雰囲気がどんなものか、上司や先輩方と上手くやっていけるのか、与えられた仕事を着実にこなしていけるのかと不安と緊張が交差していました。しかし、時間がたつにつれ緊張がなくなり、職場の雰囲気にも慣れました。今では先輩方の力添えもあり、簡単な窓口対応や業務は1人でもできるようになった事が変わったことだと思います。

6.岸和田市の職員採用試験を受けようと思っている人へのメッセージをお願いします

 他の自治体と同じように、岸和田市の財政も非常に厳しい状況です。このような厳しい財政状況の中であっても岸和田市の歴史・文化・伝統を守り、今以上により良い街へとしていくためには、市の職員の力をはじめ市民の方たちも必要としています。そのため「自分でないと岸和田を変えられない」「自分を必要としている人たちがたくさんいるんだ」という思いを持つ人に来て欲しいと思います。

門前沙希さん(建設指導課 技術職)

門前沙希さん

1.岸和田市の職員(公務員)にどうしてなろうと思いましたか

 私は岸和田市よりもっと南にある町に住んでいるのですが、そこから見れば岸和田っていうのは近くにある「都市」っていうイメージがあります。働く場所を考えるのに当たって、都市に働きに行きたいなと思っていました。あと、プライベートで遊びに出かけた時でも岸和田の人に活気が感じられる明るいイメージがありました。だから、岸和田市の職員採用を受けようと思いました。

2.現在、どんな仕事をしていますか

 建物を建てる時に必要となる建築確認の事務処理の手続きや、民間の検査機関から市に送られてくる、こういう建物を建てますよという報告を取りまとめたりしています。

3.仕事に取り組む上でどんなことに気をつけていますか

 事務作業で行う入力の時は間違わないように上司は見てくれますが、できるだけ自分のところで間違いがないようにすることに気をつけています。また、窓口で対応する時は、家を建てるのは結構お金のかかることだけに、絶対に間違った情報をお伝えすることがないように、よく確認してからお伝えするようにしています。

4.やりがいを感じるのはどんな時ですか

 専門的なことばかりでまだまだ勉強不足ということがあって、やりがいを直に感じたことはまだないと思います。ただ、検査のために現場へ見に行った時に、実際に出来上がった建物を検査して「こうですよ、ああですよ」と指導するときは「ああちょっと頑張っているな」と感じる時があります。門前沙希さん

5.半年を振り返り、4月と今を比べて自分自身何か変わった(気付いた)事はありますか

 土木職で市役所に入ったのですが、配属されたのは建築の専門知識が求められる部署だったんです。土木と建築を比べてみると専門知識が近いようで違うんです。それで新しく勉強していろんな物の見方ができるようになったかと思います。

6.岸和田市の職員採用試験を受けようと思っている人へのメッセージをお願いします

 入ってみて分かったのですが、岸和田市役所には若い人が少ないなというイメージをとても受けています。職場はとても風通しのいい所なので、できるだけ若い人が入ってきて欲しいなと思います。

お話を伺って

 「人と触れ合う仕事がしたいから市役所に入った」「人に感謝されてやりがいを感じた」と言う感想には市職員誰もが持っていた初心ではないでしょうか。また、よく市役所は硬いというイメージがあると言われますが、今年の新人職員はどのような印象を持たれたでしょうか。集合写真から見て取れるように、新人職員の皆さんはとても笑顔のあふれる、仲のいいグループに見受けられました。
 それぞれ職場に戻れば、市民の皆さんの生活にかかわる仕事を行うだけに、緊張しきった表情が見受けられると思います。それだけに些細なことでも仕事が上手くできた時には一言「ありがとう」と言ってあげてください。きっとあふれんばかりの笑顔になった彼・彼女たちに会えるでしょう。


Danjiri city kishiwada