ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 岸和田市青年団協議会が宮城県気仙沼市へボランティアに行きました

本文

岸和田市青年団協議会が宮城県気仙沼市へボランティアに行きました

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2011年5月20日掲載

 岸和田市青年団協議会(会長:吉野保史)が、5月13日(金曜日)~15日(日曜日)の日程で、被災地支援のため、宮城県気仙沼市に行きました。

 現地では、被災された家屋の片付けや泥出し、がれき撤去などのボランティアと、だんじり祭のハッピを着て、笛や太鼓のだんじりばやしで避難所の慰問を行いました。また、岸和田市青年団協議会で募った義援金を宮城県青年団協議会へ手渡しました。

5月13日、がれき撤去の様子

がれき撤去作業に向かう青年団たち 

がれき撤去の様子

 車を移動する青年団たち

車を移動する青年団たち

作業後は、近くの遺体安置所で、母の日にちなんでカーネーションを献花し一分間の黙祷。

カーネーション献花

5月15日、避難所のお寺で、ハッピ姿でだんじりばやしの慰問。

慰問の様子

慰問の様子 

慰問の様子

だんじりばやしを現地の子どもと一緒に。

祭りばやしを現地の子どもと一緒に

現地は生の野菜が少ないとのことで、泉州水ナスの浅漬けを差し入れ。

水ナスの差し入れ

※ 写真は岸和田市青年団協議会提供


Danjiri city kishiwada