ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 明智光秀だんじり彫物写真展

本文

明智光秀だんじり彫物写真展

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2020年8月28日掲載

 今年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀は、唯一の肖像画が岸和田市の本徳寺に所蔵されているなど、岸和田市と深い縁があったと推測されています。その明智光秀に注目し、本能寺の変などが表現されている岸和田のだんじりの彫物写真展が開催されています。

写真展

写真展

 また、彫師「木彫山本(もくちょうやまもと)」と「彫陽(ほりよう)」がこのイベントのために特別に彫った明智光秀の新作彫物も展示されており、どなたでも楽しめる写真展となっています。

彫物

彫物

 今年は新型コロナウイルス感染症の影響により市内全地区の曳行の自粛が決定した岸和田だんじり祭ですが、いつもとは違った観点から「だんじり」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

開催期間 

 令和2年8月25日(火曜日)~10月25日(日曜日) ※祝日を除く月曜日は休館日

開催場所 

 岸和田だんじり会館(本町)

入館料 

 大人600円・小中学生300円

問合せ  

 岸和田だんじり会館 電話:072-436-0914


きしわだの話題
Danjiri city kishiwada