ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわダイアリー > 第44回岸和田市総合防災訓練が実施されました

本文

第44回岸和田市総合防災訓練が実施されました

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2021年12月2日掲載

11月30日(火曜日)に、ブッキースタジアム岸和田(岸和田競輪場)第4駐車場(磯上町1丁目)にて第44回岸和田市総合防災訓練が実施されました。

今回は、新型コロナウイルス感染症の状況から、無観客で行われました。

訓練は、「四国沖を震源域とするマグニチュード9.0の南海トラフの巨大地震が発生し、市内で震度6弱を観測。大津波警報が発令」されたという想定で実施されました。

市の消防本部や警察、自衛隊、海上保安官、水防団、地域防災に携わる各団体が参加し、ドローンを使用した被災地の情報収集や災害救助犬による被災者の捜索、クレーンを使用した交通救助、医療救助活動や応急救護所の設営、水防団による架橋工などをそれぞれ行いました。

ドローン使用訓練救助犬の金蔵さん

自衛隊訓練消防訓練

消防クレーンを使用した訓練消防クレーンを使用した訓練

自衛隊による訓練水防団による訓練

医療救護活動応急救護所の設営写真

消防士の写真

市長は、「昨年は新型コロナウイルス感染症の影響により、中止になりましたが的確な動きで、決して練度は落ちておらず技術が高まっていることがわかり、大変心強く感じました。今後も様々な種類の危機を想定して、一層訓練に励んでほしい。」と講評しました。

市長講評の写真

自然災害はいつ起こるかわかりません。今回の訓練に参加することで、訓練の重要さを改めて実感しました。今後も災害に備え、一人ひとりができることを準備しておきましょう。


過去の日記
Danjiri city kishiwada