ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 岸和田産の竹がさまざまな形で有効活用されています

本文

岸和田産の竹がさまざまな形で有効活用されています

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2021年7月28日掲載

7月22日(祝日)に竹あかりを全国各地で灯す「みんなの想火」プロジェクトが行われ、岸和田産の竹を使った竹あかりが、本市と協定を締結しているアドベンチャーワールドで飾られました。

夏の夜に浮かび上がる竹あかりの美しさには、心奪われました。

みんなの想火プロジェクト

夜の暗さに浮かび上がる竹灯りの写真

夜の暗さに浮かび上がる竹灯りの写真

夜の暗さに浮かび上がる竹灯りの写真

竹灯りの動画

また、アドベンチャーワールドでは滋賀県立大学陶器研究室とともに人や動物、自然、地域社会のサスティナビリティに貢献する取り組みを進めています。

その取り組みのひとつとして、竹でできたワーケーションスポットを開発し、パーク内に設置しています。このスポットにも岸和田の竹が使われています。

ワーケーションスポットの看板

屋根や床材、椅子などにも竹が使われています。

ワーケーションスポットの屋根の写真

ワーケーションスポットの床の写真

ワーケーションスポットの写真

ワーケーションスポットからの景色の写真

眼前に広がる景色。広々とした自然の中で落ち着いた気持ちで仕事に取り組めそうですね。

みなさんもアドベンチャーワールドを訪れた際は、生き物や自然はもちろん、資源の有効活用などについて考えてみてくださいね。


きしわだの話題
Danjiri city kishiwada