ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわダイアリー > 「社会を明るくする運動」作文コンテスト表彰式が行われました

本文

「社会を明るくする運動」作文コンテスト表彰式が行われました

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2021年8月4日掲載

 7月30日(金曜日)、「社会を明るくする運動」作文コンテスト表彰式が、市役所市長公室にて行われました。

 「社会を明るくする運動」は、すべての国民が、犯罪や非行の防止と犯罪や非行をした人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない安全で安心な明るい地域社会を築くための全国的な運動です。昭和26年に始まり、今年で71回目を迎えました。

 作文コンテストは、次代を担う小・中学生の皆さんに日常の家庭生活、学校生活などの中で体験したことを基に、犯罪や非行に関して考えたことや感じたことをいきいきと作文に書いてもらうことを通して、この運動に対する理解を深めてもらうことを目的としています。

 委員長賞をはじめ、小・中学生それぞれ4名が受賞しました。

【小学生の部】

小学生委員長賞 浦井さんの写真
委員長賞 中央小学校6年生 浦井真弥さん

小学生市長賞 辻さんの写真
市長賞 城内小学校6年生 辻南風さん

小学生議長賞 道斎さんの写真
議長賞 東光小学校5年生 道齊莉音さん

小学生教育長賞 庄司さんの写真
教育長賞 八木南小学校5年生 庄司朔太郎さん

【中学生の部】

中学生委員長賞 原すみれさん欠席のため先生が代わりに受賞している様子
委員長賞 桜台中学校3年生 原すみれさん(欠席のため、先生が代理で受賞)

中学生市長賞 水口さんの写真
市長賞 野村中学校3年生 水口小太郎さん

中学生議長賞 山本さんの写真
議長賞 桜台中学校2年生 山本優菜さん

中学生委員長賞 原すみれさんの写真
教育長賞 葛城中学校3年生 北岡菜月さん

 毎年マドカホールで行われる表彰式ですが、新型コロナウイルス感染症の状況を考慮し、今年の表彰式は市役所市長公室にて、小・中学生入れ替え制で行われました。「せっかく公室で行われるので、社会見学のつもりで聞いてください」と市長から市役所の仕事について説明がある一幕もあり、受賞者の皆さんは熱心に市長の話を聞いていました。受賞者の皆さん全員が、しっかり人の目を見て話を聞く姿がとても印象的でした。

熱心に話を聞く小学生の受賞者の皆さん

熱心に話を聞く受賞者の中学生の皆さん

 岸和田地区推進委員会の〆野委員長からは「皆さんの作文には、一人ひとりが社会を明るくするための気づきが書かれていました。未来を担う皆さんに大いに期待しています」と、市長からは「すべての人がチームとなって一緒に考えていく、行動していく、そういう精神をもってほしいです。この受賞を機に、心も頭脳もさらに豊かになってください」と励ましの言葉がありました。  
 選ばれた作品は大阪府に推薦され、府で入賞した作品は法務省へ推薦されます。

開会の言葉を述べる〆野委員長の写真
岸和田地区推進委員会 〆野委員長

挨拶をする市長の写真
励ましの言葉を述べる永野市長

小学生の受賞者の皆さん
受賞者の皆さん(小学生の部)

中学生の受賞者の皆さん
受賞者の皆さん(中学生の部)


※ 写真撮影時のみ、マスクを外しています。


過去の日記
Danjiri city kishiwada