ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 避難所訓練を実施しました

本文

避難所訓練を実施しました

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2021年2月13日掲載

 2月8日(月曜日)、八木市民センターにて、市内指定避難所64カ所のうち12カ所の避難所担当職員に対し、災害時の避難所運営能力の向上を図るための訓練を行いました。

危機管理職員から説明を受ける避難所担当職員の様子

 この日は新型コロナウイルス感染症対策資材(パーティションや簡易ベッド、飛沫防止段ボール)について説明を受け、パーティションや簡易ベッドを実際に組み立て、設置する作業を確認しました。

パーティションを組み立てる職員の様子 パーティションを組み立てる職員の様子

パーティションを組み立てる職員の様子

簡易ベッドを組み立てる職員の様子 簡易ベッドを組み立てる職員の様子

簡易ベッドを組み立てる職員の様子

簡易ベッドの寝心地を試している職員の様子

飛沫防止段ボールの使い方を説明する危機管理職員の様子 このように飛沫防止に使います

簡易ベッドをパーティション内に設置する職員の様子

完成したパーティションの様子

2メートル四方のパーティションは、2人1組で10~15分で組み立てられました。

 

 参加した職員は、「完成形しか見たことがなかったので、実際に組み立て練習ができてよかった。知っているのと知らないのとでは大違い。いざという時に役立てたい。」と話しました。

 コロナ禍においては、感染拡大防止と災害対策を並行して備えていく必要がありますので、今後も継続的に訓練を行う予定です。


きしわだの話題
Danjiri city kishiwada