ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 本市在住のプロボクサー坂晃典選手が日本スーパーフェザー級タイトルマッチで初防衛に成功!

本文

本市在住のプロボクサー坂晃典選手が日本スーパーフェザー級タイトルマッチで初防衛に成功!

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2021年2月8日掲載

本市在住のプロボクサー坂晃典選手が日本スーパーフェザー級タイトルマッチで初防衛に成功!

 

2月4日(木曜日)、本市在住のプロボクサー坂晃典選手が市長を訪れ、1月22日(金曜日)に後楽園ホール(東京都文京区)で行われた日本スーパーフェザー級タイトルマッチに勝利し、初防衛に成功したことを報告しました。

坂選手と市長が話をしている写真

チャンピオンベルトの写真

坂選手は、これまで一度もKO負けをしたことがないという渡邉卓也選手相手に6R、TKO勝ちを収めました。「コロナで1年以上ぶりの試合になりました。この大変な状況の中、ボクシングをしていいのか、自分にできることは何か、いろいろ考えましたが、自分にはボクシングしかできないと思い、コロナと闘っている医療従事者の方をはじめ、全ての人に少しでも希望や勇気を届けられるよう、全力で戦いました。」と坂選手。

試合の様子を語る坂選手

次の試合は、2月11日(祝日)に、代々木第一体育館(東京都渋谷区)で行われる「LEGEND(レジェンド)」(新型コロナウィルスと戦う医療従事者や患者を支援するチャリティーイベント)で、文字通りレジェンドの内山高志選手と対戦します。市長は「最後まで自分のスタイルを貫いて戦ってください。楽しみにしています。」と激励しました。

坂選手、頑張ってください!!

坂選手と市長の記念写真

チャンピオンベルトを持った坂選手の写真

 

※ 記念撮影時のみマスクを外しています。


きしわだの話題
Danjiri city kishiwada