ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 市内の小学生が、ハンドボールの全国大会に出場しました!

本文

市内の小学生が、ハンドボールの全国大会に出場しました!

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2018年9月3日掲載

市内のハンドボールチーム「岸和田フレンズ」が、平成30年8月2日(木曜日)~6日(月曜日)、京都府京田辺市で行われた、全国小学生ハンドボール大会でベスト8に輝きました。

岸和田フレンズの選手のみなさん 

ハンドボールは『走る・投げる・跳ぶ』の3要素が揃ったスポーツで、迫力ある攻防や華麗なシュートが魅力です。ぶつかったり、ユニフォームを引っ張られたりするので、ケガは日常茶飯事だそうです。

監督は「全国大会の初戦は緊張することなくプレーしていました。試合になると、一生懸命ボールに食らいつく選手ばかりです」と、チームを紹介。

 全国大会の感想を述べる川村キャプテン

キャプテンの川村心優(みひろ)さん(八木小6年生)は、「全国大会で負けた悔しさを忘れずに今後の大会も頑張りたいです」と、抱負を述べました。

選手のみなさんに、一番しんどい練習を聞くと、「走ったりするフットワークの練習がしんどい…」と答えてくれました。

たて40メートル、よこ20メートルのコートを走り続けるので、体力が必要なスポーツです。

色鮮やかなユニフォームに身を包み、大健闘した岸和田フレンズのみなさん。今後の活躍に期待しましょう!

ユニフォームの背番号を見せてくれる選手たち 可愛らしいユニフォーム。ファーストネーム(下の名前)が刻まれているのが印象的でした。

色鮮やかなユニフォームに身を包み、大健闘した岸和田フレンズのみなさん。今後の活躍に期待しましょう。


Danjiri city kishiwada