ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 女性センターまつりが開催されました

本文

女性センターまつりが開催されました

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2018年3月26日掲載

 平成30年3月3日(土曜日)・4日(日曜日)、女性センターでは、登録グループが自ら企画・運営し、交流を深める、年に一度のお祭り「女性センターまつり」が行われました。

 女性センターは、平成元年に女性の自立と地位向上を目指して学び、集い、自らの力を高め、仲間づくりをはかるための施設として設立され、今年30年目の節目を迎えました。

 来春には、旧サンアビリティーズが女性センターと大宮青少年会館の複合施設として新たに生まれ変わるため、この場所での開催はこれが最後となります。

 女性センターの外観 女性センターの玄関に飾られているひな人形

 1日目の3日(土曜日)は、90年代のテレビ番組「進ぬ!電波少年」のケイコ先生で知られる浪曲師・春野恵子さんが「互いの個性を認め合う~男女共同参画視点で知る浪曲の世界~」と題した記念講演と、アラフォー女性の日常をコミカルに描いた新作浪曲「平成女事情」の披露を行いました。

 講演では、浪曲の世界は昔から女性が活躍していたこと、タレントから浪曲師を目指すことになった経緯や弟子入りまでの苦労話、現在取り組んでいる英語での語りやロックとのコラボレーションなどのお話がユーモアを交えながら語られました。

春野恵子さんの講演の様子

講演会の様子

 2日目の4日(日曜日)は、登録グループが発表や展示・模擬店など、日頃の活動の成果を披露しました。

鳴子おどりの様子 着物リメイクファッションショーの様子 フラダンスの様子

歌や演奏・踊りなどの発表

完成度の高さに、みなさん真剣に見入っていました。

写真クラブによる写真の展示 手作りの作品の数々

写真や手作り小物の展示

力作揃いです!

縁日コーナーでおもちゃづくりを楽しむ子ども

縁日コーナーでは子どもたちがゲームやおもちゃづくりを楽しんでいました。

おでんを販売している様子 軽食の販売の様子 ほかほかのおでんの写真

おでんやぜんざい、焼きそばなどの模擬店

館内に広がるいい匂い。どれも大好評でした。

じゃんけん大会の様子

最後は景品が当たるジャンボじゃんけん大会で大盛り上がり。じゃんけんに勝ち残り、景品を獲得した参加者は大喜びでした!

 のべ700人以上の来場者で賑わった女性センターまつりは、お天気にも恵まれ、子どもから大人まで楽しめる2日間となりました。

 この場所での最後の開催と思うと感慨深いものがありますね。


Danjiri city kishiwada