ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 平成29年度大規模地震時医療活動訓練に参加しました

本文

平成29年度大規模地震時医療活動訓練に参加しました

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2017年8月3日掲載

平成29年7月29日、岸和田市など府内各地で大規模地震時医療活動訓練を実施し、市職員や医療関係者など約1,800人が参加しました。

この訓練は、内閣府が行う、南海トラフ地震に備えた訓練の一環で行われました。

市では災害対策本部や救護所の設置などを行い、情報伝達機器の設置確認や情報伝達訓練を行いました。

職員が無線機で通信している写真です

また、市が広域避難場所に指定する中央公園では、大阪赤十字病院が約50ものテントを備えた野外病院を設置しました。これは国内でも初めて設置されるテントで、手術室やレントゲン室を備え、医療関係者が患者役の参加者を処置する訓練などを行いました。

中央公園のグラウンドに設置された日本赤十字病院のテント群です

テントの中でベッドに横たわる患者役の参加者への治療をしている写真です

レントゲンの機材を備えた車両の中で訓練をする医療関係者の写真です

中央公園のグラウンドに着陸したヘリコプターに、搬送される患者役と医療関係者の写真です


Danjiri city kishiwada