ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 大阪880万人訓練に合わせ、避難訓練を実施

本文

大阪880万人訓練に合わせ、避難訓練を実施

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2016年9月5日掲載

9月5日(月曜日)、府の実施する「大阪880万人訓練」に合わせ、市役所でも避難訓練などを行いました。

訓練は午前11時に始まりました。

始まりを告げるサイレンなどが市役所内に流れ、その後11時3分に府から、11時4分に市から、大津波警報を知らせる緊急速報メールが届きました。

訓練メールを受信した携帯電話の写真

職員は机の下に潜り込むなど、命を守る行動をとったあと、市役所前の駐車場に避難し、被災状況などを報告しました。

机の下に潜る職員たちの写真

庁舎から駐車場へと避難する職員たちの写真

危機管理課職員に被災状況などを報告する各課の職員の写真

この日、予定されていた水門の閉鎖訓練は台風の影響で中止となりましたが、無線交信による消防本部や市民センター(計6カ所)との情報伝達訓練も行いました。

無線交信で消防本部などとやり取りする危機管理課職員の写真

災害はいつ起こるかわかりません。

みなさんも災害が起こった時に、どのように身を守ればよいのか、どのように避難すればよいのか、考えてみてください。


Danjiri city kishiwada