ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 岸城中学校、女子ソフトボール部が全国大会出場

本文

岸城中学校、女子ソフトボール部が全国大会出場

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2016年8月16日掲載

8月16日(火曜日)、岸城中学校女子ソフトボール部の部員17人が信貴市長を訪れ、第38回全国中学校ソフトボール大会に出場が決定したことを市長に報告しました。

近畿大会は8月6日(土曜日)~8日(月曜日)の日程で行われ、決勝戦では香芝市立香芝北中学校(奈良県)を5対3でくだし、見事、全国大会への切符を手に入れました。

岸城中学校女子ソフトボール部はこの9年間のうち、8回の全国大会に出場しています。昨年の全国大会では、惜しくも準優勝でしたが、一昨年には優勝をおさめています。

キャプテンの石川花さん(3年生)は「昨年は悔しい思いをした。今年はランナーが出たときに、しっかり送れるよう練習してきた。成果を出せるよう頑張りたい。」と抱負を語りました。

全国大会への抱負を語るキャプテンの石川花さん

信貴市長は「全国大会に出て当たり前と思われるようなプレッシャーがある中、皆さんに明るさと貫禄を感じる。暑さに負けない身体づくりを心がけて万全のコンディションで全国大会に臨んでください。」と力強く励ましました。

選手たちを激励する信貴市長と話に聞き入る選手たち

第38回全国中学校ソフトボール大会は8月19日(金曜日)~22日(月曜日)の日程で福井県敦賀市で行われます。

全国優勝を目指しポーズをとる選手たちと信貴市長


Danjiri city kishiwada