ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > きしわだの話題 > 岸和田市青年団協議会が選挙制度の講演会を行いました

岸和田市青年団協議会が選挙制度の講演会を行いました

印刷用ページを表示する 2016年3月28日掲載

3月20日(日曜日)、産業会館で、岸和田市青年団協議会が選挙についての講演会を行いました。

会場を上から撮影した写真です 

公職選挙法の一部改正で、選挙権年齢が18歳に引き下げられるため、青年団協議会に加盟する65町の18歳・19歳の青年団員や団長など約360人が参加しました。

多くの10代の若者が加入する青年団協議会の花田会長は「選挙権を得ることになった若い人たちに選挙制度を理解してもらい、政治に対して興味を持ってほしいです。そして皆さんの若い力を、地域や岸和田のまちづくりに役立ててほしい」と団員に語りました。

 選挙管理委員会の職員の説明を聞く参加者たちの写真です

青年団員たちは、政治や議会、選挙、若者の投票率の低さや問題点などを、クイズ形式で分かりやすく説明する岸和田市選挙管理委員会職員の話に熱心に耳を傾けていました。

壇上で説明する選挙管理委員会職員の写真です

最後は、壇上に模擬投票所を作り、実際に投票を行い、「模擬でも緊張しました」と投票した団員は感想を話してくれました。

模擬投票用の投票用紙を職員から受け取る男性の写真です 模擬投票用の記載台で模擬候補者の名前を書く参加者の写真です 模擬投票用の投票箱に投票用紙を投函する男性の写真です