ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > ふるさと寄附のお礼の品に「底引き網漁本格体験&新鮮海の幸ご賞味」を追加

本文

ふるさと寄附のお礼の品に「底引き網漁本格体験&新鮮海の幸ご賞味」を追加

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2015年7月6日掲載

7月1日(水曜日)から、岸和田市へのふるさと寄附(ふるさと納税)のお礼の品に、2つの漁業体験企画が加わりました。1万円以上の寄附で「巾着まき網漁見学クルージング」に、また15万円以上の寄附で「底びき網漁本格体験&新鮮海の幸ご賞味」の特別優待券を差し上げるというものです。

あいにくの雨模様となった7月4日(土曜日)、9月からの本格実施に向けて、「底引き網漁本格体験&新鮮海の幸ご賞味」のプレ体験会が行われました。

漁業体験の写真 底引き網漁船

底引き網漁は、2本の引き網がついた大きな網を海底まで入れ、船を移動させながら網を引っ張って行う漁法です。下の写真で後ろに見えているのが、引き網とそれを巻き取るための機械です。

さぁ、出発。大漁になればいいけど。

漁業体験の写真

岸和田市漁業協同組合のご協力で行われたこの日のプレ体験会。日頃からふるさと寄附の取り組みを率先して宣伝してきた信貴市長も、実際に体験すべく乗船しました。

漁業体験の写真

出発して20分、とうとう底引き網を海に投げ入れます。この日の漁では、このあと30分~1時間程度網を引いていました。

漁業体験の写真

そして、漁師さんが網を引き上げます。その様子を、かたずをのんで見守る参加者。

漁業体験の写真

獲れました! 大漁です。
日により、時期により獲れるものは変わるとのことですが、この日は、たくさんのアジとシャコ、イカ、そして大きなスズキなどが獲れました。

漁業体験の写真

獲れた魚などを参加者全員で選り分ける作業を行いました。小学生の男の子が、初めての体験に目を輝かせていたのが印象的でした。

漁業体験の写真

漁業体験の写真

漁業体験の写真

そしてお楽しみの、新鮮海の幸のお料理です。

体験漁業終了後、岸和田市漁業協同組合に隣接している「漁師家 幸」で、新鮮な海の幸を使った料理をいただきます。料理の内容は、その日によって変わるとのことです。

料理の一例

▼この日の体験漁業で獲れたものから3品

この日獲れたスズキの刺身 スズキのお刺身

この日獲れたイカの料理 イカの煮つけ

この日獲れたコアジの料理 アジの天ぷら

この漁業体験は、15万円以上のふるさと寄附をしてくださった方へのお礼の品になっています(別途、1回につき3万円が必要。大人8人まで参加可)。

皆さんも、ふるさと寄附で貴重な体験をしてみませんか。

ふるさと寄附について

市では、岸和田を応援したいという皆さまから寄附を募り、岸和田のまちづくりに活用するため、「岸和田市ふるさと応援寄附」という制度(ふるさと納税制度)を設けています。

皆さまのご支援をよろしくお願いします。

“あなたの想い”を岸和田に活かす岸和田市ふるさと寄附のご案内

ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」(外部リンク)


Danjiri city kishiwada