ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 大阪エヴェッサのホームゲームが岸和田で 選手が市長を表敬訪問

本文

大阪エヴェッサのホームゲームが岸和田で 選手が市長を表敬訪問

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2015年2月2日掲載

2月2日(月曜日)、プロバスケットボールチーム「大阪エヴェッサ」(ヒューマンプランニング株式会社)から、佐伯敬次代表取締役と西裕太郎選手、販売促進部の古屋孝生マネージャーが市役所を訪れました。

2月14日(土曜日)・15日(日曜日)に、大阪エヴェッサのホームゲームが総合体育館(西之内町)で行われるためです。

大阪エヴェッサの表敬訪問の写真

信貴市長は、今回の試合開催について「プロの競技を間近で見ることができるのは嬉しいことです。これからバスケを始めようと思っている人も、プレーを間近で見ると感動も深いと思います」と述べ、歓迎しました。

西選手は、アメリカカリフォルニア州出身の22歳。チームではポイントガードというポジションを務めています。バスケットボールは8歳ごろから始め、大学卒業後、大阪エヴェッサに入団するため来日しました。

大阪エヴェッサの表敬訪問の写真 明るくて気さくな西選手。

関西弁やお好み焼きが大好きで、大阪が好きだという西選手。バスケットボールの試合は、昨年1度見たことがあるという信貴市長に対し、「今年は去年よりもチームがレベルアップしているので、ぜひまた見に来てください」と自信を見せました。

大阪エヴェッサの表敬訪問の写真 サイン入りの公式球をいただきました。

岸和田については「お城があって、まちの雰囲気がとてもいい。今度は観光に来てみたい。だんじり祭も見たい」と話してくれ、信貴市長も「ぜひまた岸和田に来てください」と答えました。

大阪エヴェッサの表敬訪問の写真

両試合ともに、当日券の販売があります。岸和田市民(在住・在勤・在学者)は、それを証明できるもの(市広報紙、運転免許証、保険証、名刺、学生証など)があれば優待割引を受けられます。

バレンタインデーの週末は、友人や家族と一緒に、プロの迫力あふれる試合で、エキサイティングな時間を過ごしてみませんか。


Danjiri city kishiwada