ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 胸に「JAPAN」の文字がキラリ。女子ソフトボールメンバーとして台湾遠征に

本文

胸に「JAPAN」の文字がキラリ。女子ソフトボールメンバーとして台湾遠征に

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2015年1月20日掲載

1月19日(月曜日)、八木小学校6年の金田結奈さんが信貴市長を訪れ、日台女子親善ソフトボール大会の出場を報告しました。

報告の様子

日台女子親善ソフトボール大会は12月21~24日に台湾で開催され、金田さんは、Japan西日本選抜チームの一員として出場を果たしました。

金田さんは、「ピッチャーとサードを守っています。台湾ではいい思い出がたくさんできました。」と寄せ書きされた帽子を見せてくれました。

寄せ書きされた帽子 寄せ書きされた帽子

金田さんは、小学校1年生からソフトボールを始めました。

久米田池で5キロメートルのランニングで体を鍛えたり、一日300~500球を投げるなど、日々の練習に励んでいます。

最近では、和歌山や広島のチームに所属したり、中学生と一緒に練習していたのことで、4月からは、久米田中学校に入学する予定です。

報告の様子

信貴市長は、「夢も可能性もあり、楽しみです。世界の舞台に立てるようこれからも頑張ってください。」と応援しました。


Danjiri city kishiwada