ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 全国障害者スポーツ大会出場選手が市長に出場報告

本文

全国障害者スポーツ大会出場選手が市長に出場報告

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2014年10月20日掲載

 第14回全国障害者スポーツ大会「長崎がんばらんば大会」に出場する選手たちが、10月15日(水曜日)、出場報告のため市長公室を訪れました。

 出場報告に訪れたのは、若濱瑞希さん、井上伊緒菜さん、本田浩平さん、長野創さん、松井佑介さんの5人と長井監督です。

監督と出場選手たちの写真です 

 11月1日(土曜日) ~ 3日(月曜日)に長崎県で開催されるこの大会。市内からの出場選手は報告に訪れた5人を含む9人で、競技は陸上競技2人とフライングディスク2人とサッカー5人です。今年5月に開催された大阪府障がい者スポーツ大会の成績に基づいて決定されました。

陸上競技とフライングディスク競技の選手の写真です サッカー競技に出場する選手2人の写真です

 信貴市長は、「練習の成果を十二分に発揮し、優勝を目指して頑張ってください。また友人を増やし、絆を深めてきてほしいと思います。メダルを持ち帰ってくれることを期待しています」と選手を激励しました。

監督、選手と市長、議長、岸和田市障害者スポーツ実行委員会会長・副会長、保健福祉部長の集合写真です


Danjiri city kishiwada