ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 9月5日(金曜日)、「大阪880万人訓練」にあわせて避難訓練などを行いました

本文

9月5日(金曜日)、「大阪880万人訓練」にあわせて避難訓練などを行いました

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2014年9月8日掲載

平成26年9月5日(金曜日)、市と市議会は、府の実施する「大阪880万人訓練」にあわせて避難訓練などを行いました。

訓練開始は午前11時。訓練の始まりを告げるサイレンなどが市役所内に流れ、その後大津波警報を発表する緊急速報メールが届きました。

防災訓練の様子

それぞれの部署で机の下などに潜り込み、身を守る行動をとる職員。まずは、身を低くして、頭部を保護することなどが大切です。

防災訓練の様子

場所は変わって、市議会の決算特別委員会が開催されている市役所4階第1委員会室。委員会での審査中に災害が発生する可能性も十分にあるため、ここでも訓練を行いました。

▼委員長の指示のもとスムーズに進む訓練
防災訓練の様子

防災訓練の様子

▼サイレンが鳴りやみ、避難行動をとる信貴市長
防災訓練の様子

防災訓練の様子

▼市役所前の駐車場に避難し、被災状況などを報告する訓練を行う職員
防災訓練の様子

防災訓練の様子

市ではこれらの訓練の他にも、無線交信による各避難所(11カ所)との情報伝達訓練や、市内8カ所で水門の閉鎖訓練を行いました。

最後に、金田危機管理部長が日頃の心構えや訓練の大切さなどを話し、この日の訓練は終了しました。

防災訓練の様子

職場で、家庭で、災害が発生した時のことを想像してみてください。身を守る行動がとれるか、どこからどう逃げるか、考えてみてください。

災害はいつやってくるか分かりませんが、その時のことを想像することから始めてみませんか。それだけでも、いざという時に自分の命を守る助けになるのではないでしょうか。


Danjiri city kishiwada