ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 第27回非核平和資料展が始まりました

本文

第27回非核平和資料展が始まりました

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2014年7月30日掲載

7月30日(水曜日)~8月3日(日曜日)、自泉会館(岸城町)で第27回非核平和資料展「水爆ブラボー実験から60年―第5福竜丸とマーシャル諸島の悲劇―」が開催されています。

自泉会館で開催している非核平和資料展の場内の写真です

7月30日(水曜日)に行われたオープニング式典では、岸城中学校合唱部による合唱と朗読グループ“サルビア”による朗読劇が披露され、参加者は静かに聞き入っていました。

岸城中学校合唱部が合唱をしている写真です 朗読グループ サルビアが朗読劇をしている写真です

信貴市長は式典の冒頭にあいさつし、「広島市から譲り受けた被爆アオギリ2世も市役所の駐車場横で立派に育っています。また空襲でだんじりが焼けたため、地域の人がお金を持ちより修復したという話もあります。平和の尊さや戦争の悲惨さを正確に後世に伝えることも市の仕事の1つです。平和資料展を通して、誰もが望む平和を、1人でも多くの人に伝え、平和の尊さを感じてください」と、平和の大切さを参加者に語りかけていました。

資料展では、平和についての資料・パネルだけでなく、市内の小学生が平和について学習した成果を壁一面に展示していたり、被爆アオギリ2世の生長を記録した写真を展示していたり、千羽鶴を折るコーナーを設けていたりなどしています。

市内の小学生が平和について学習してまとめた資料の写真です

子どもがパネルを見ている写真です

非核平和資料展は8月3日(日曜日)までで、時間は午前10時~午後6時。(3日(日曜日)は午後5時まで)。入場は無料です。


Danjiri city kishiwada