ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 5月21日(水曜日)、消防協力者に感謝状を贈呈しました 

本文

5月21日(水曜日)、消防協力者に感謝状を贈呈しました 

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2014年5月21日掲載

 荒木町で平成26年3月に発生した火災で救出・消火活動などを行い、被害の軽減に貢献してくださった2人に対し、5月21日(水曜日)、市消防本部で感謝状を贈呈しました。

 消防長から表彰状の贈呈を受けたのは、同じ府営住宅に住む福島仁さんと原口正彰さんです。

感謝状を受け取る福島さんの写真 福島さんと消防長

感謝状を受け取る原口さんの写真 原口さんと消防長

 平成26年3月16日(日曜日)の午前1時前、火災に気づいた福島さんと原口さんは、出火した部屋に逃げ遅れている高齢男性がいるという情報を得て室内に進入。うつ伏せに倒れている高齢男性を発見し救出しました。

 またその後、原口さんが会長を務める府営荒木住宅の防災組織(星ヶ丘町災害対策委員会)が一体となって、付近住人の安否確認、避難誘導や大勢の人への炊出しなどを行ったとのことです。日頃の自主的な訓練が実を結んだということでしょう。

 贈呈式で消防長は、「人命救助というのは、なかなかできるものでないと思います。今回のことは、消防職員一同、本当に感謝しています。ありがとうございました」と感謝の言葉を述べました。


Danjiri city kishiwada