ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 子どもと地球にやさしい竹プラスチック食器を保育園に贈呈しました

本文

子どもと地球にやさしい竹プラスチック食器を保育園に贈呈しました

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2014年3月6日掲載

 3月5日(水曜日)に、市職員会館で、市内の民間保育園にとうもろこしと竹で作られた「竹プラスチック食器」約500個を贈呈しました。

部屋で座って待つ園児たちの写真です

 これは、丘陵地区周辺の放置竹林をフクロウが棲める自然豊かな里山に戻すため、平成25年11月から行っている「フクロウの森再生プロジェクト」の一環です。

 この食器は、丘陵地区で伐採した竹を材料に、株式会社岩本金属製作所が製作し、今回寄贈する食器は株式会社ナニワプロジェックスから市へ寄贈されました。
 竹を使用し100%植物由来のため、子どもたちにも安全な食器です。

竹プラスチック食器の写真です

 信貴市長と株式会社ナニワプロジェックス 河合雄輔代表取締役から、山直南保育園、星光保育園、はちまん保育園、この花保育園、東岸和田保育園、ピープル久米田チャイルドスクール、新条保育所、中央保育園の園児99人が食器などを受け取りました。

河合代表取締役から食器を受け取る園児の写真です

 園児たちは「ありがとうございました」と大きな声でお礼を言っていました。

全員での集合写真です

ちきりくんにお別れを言う園児たちの写真です


Danjiri city kishiwada