ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 本市出身の川崎亜沙美さんが一日消防長に!

本文

本市出身の川崎亜沙美さんが一日消防長に!

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2014年3月3日掲載

3月2日(日曜日)、春の火災予防運動キャンペーンに本市出身の川崎亜沙美さんが一日消防長として参加しました。

川崎亜沙美さん 川崎亜沙美さん

川崎さんは、「カーネーションがあったから、岸和田があったから今の私があります」、「火は温めるものだけでなく、怖いものでもあるということを知ってもらいたいです。それが少しでも皆さんの心に残るように、一日消防長を一生懸命努めたいです」と述べました。

川崎亜沙美さん 市長から指揮棒を手渡される川崎さん

火災予防啓発のパレードでは、途中車を降りた川崎さんは一人ひとりの握手に応じていました。

川崎亜沙美さん 市長とのパレードの様子

川崎亜沙美さん 子どもたちにも訴えます

パレードの後には、消防訓練が行われました。

火事が発生。浪切ホール2階と4階に取り残されたの要救助者の救助と消火を行います。

川崎さんは指揮官として、大きな声で「救出始め!」、「放水始め!」と各隊に号令をかけられました。

川崎亜沙美さん 火事が発生。現場へ向かう川崎さん

川崎亜沙美さん 現場で指揮をとる川崎さん

救助の様子 空気のマットを敷き飛び降りてもらう訓練

救助の様子 4階ははしご車で救助

救助の様子 救助隊は4階からロープで降りました

救助の様子 要救助者は、救助隊から救急隊に引き継ぎます

消火 消火も無事終了

最後に川崎さんは、はしご車に乗り込み、40メートルの最上部から現場確認を行いました。
思わず、「高っ!」と声を上げていました。

はしご車にのる川崎さん はしご車にのる川崎さん

川崎さん あっという間に40メートルもの上空に

訓練を終えて、川崎さんは集まった人たちに、「自分たちの大事なもの、まちや家族は自分たちで守ってほしいです。岸和田という素敵なまちを守りましょう」と話し、「燃えやすいものは家の周りにおかない」「火遊びはやめよう」など、火災予防を呼びかけました。

川崎さん 訓練を終えて一言

また、訓練会場では煙体験コーナーもあり、子どもたちが火事の時部屋にこもる煙の怖さを体験しました。

煙体験コーナー 煙体験コーナー

防火・防災標語を展示

防火・防災標語を展示 防火・防災標語を展示

春季全国火災予防運動では、他にも、少年消防クラブ員の市立中央小学校5年生が作成した防火・防災標語を展示しています。クラブ員たちの思いのこもった防火・防災標語です。

期間 3月1日(土曜日)~7日(金曜日)16時頃まで
場所 浪切ホール1階ロビー


Danjiri city kishiwada