ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > オープン間近。桜台・八木市民センターで竣工式と内覧会を開催

本文

オープン間近。桜台・八木市民センターで竣工式と内覧会を開催

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2013年11月14日掲載

11月18日(月曜日)のオープンを間近に控えた桜台・八木の両市民センターでは、11月10日(日曜日)、竣工式と内覧会が行われました。

竣工式の様子

桜台市民センター

桜台市民センターの竣工式は、午前9時から行われました。

あいにくの雨模様となりましたが、それでもたくさんの人が、桜台市民センターの竣工をお祝いするために駆けつけてくださいました。

竣工式の様子

竣工式の最後には、桜台中学校の生徒が合唱を披露。新しい市民センターの門出にふさわしい、澄んだ歌声が会場に響き渡っていました。

合唱の様子

八木市民センター

雨が上がり、薄日が差し始めた午前11時、八木市民センターの竣工式がスタートしました。

竣工式の様子

主に八木地区で活動している公民館クラブ「鳴子踊り」が、お祝いの踊りを披露しました。元気いっぱいの踊りが始まると、それまでの厳粛なムードは一転。会場は、楽しい雰囲気に包まれました。

鳴子踊りの様子

内覧会の様子

午後1時~5時まで、市民の皆さんへの内覧会を開催され、新センターを一目見ようとたくさんの人が訪れました。

桜台市民センター

入り口から建物に入った瞬間に感じることができる新築の匂い。訪れた人たちは、ピカピカの床や窓、様々な目的に利用することができる部屋の設備などを熱心に見入ってました。

子どもたちが安全に転げまわることができるカラフルなマットがある多目的室1 児童・保育室です。子育てサークルなどに使えます。

常盤地区公民館の多目的室1児童・保育室の写真です多目的室1 児童・保育室

机の木の香りがする中で、少し大きい作業台や、流しなどを備え、木工などに使えます。

常盤地区公民館の多目的室2創作室の写真です多目的室2 創作室

開放的な空間で、どこからでも中の様子が分かる図書館です。子どもの本や、園芸・農業の本も充実しています。

桜台図書館の写真です。桜台図書館

八木市民センター

八木市民センターの入り口から中に入る来館者の写真です。 入り口

八木市民センターのエントランスホールの写真です。 エントランスホール

小学生や小さな子ども連れのお父さん・お母さん、高齢者まで幅広い世代の人が、オープン後の利用を想像しながら思い思いの時間を過ごしていました。

八木市民センターの図書館を早く利用したいと、ガラス越しにオープンを待ちきれず、図書館の本を眺める小学生たち。

八木市民センターでガラス越しに図書館を見ている子どもたちの写真です。

図書ラウンジの椅子に座って休憩中。窓越しに古い桜並木と天の川が見え、ちょっとした調べ物や勉強など自由に使えます。

八木市民センターの図書ラウンジでくつろぐ来館者の写真です。

来館者は、「とてもきれいで立派な施設。これから利用することを想像するとワクワクします。もっと色々なことに取り組んでいきたい」とオープンに期待を膨らませていました。

桜台・八木市民センターの開館日程

開館日程 11月18日(月曜日)
※ 公民館、図書館は19日(火曜日)から開館します。


Danjiri city kishiwada