ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 被爆2世アオギリの植樹と第25回非核平和資料展

本文

被爆2世アオギリの植樹と第25回非核平和資料展

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2012年8月9日掲載

 8月8日(水曜日)、「核兵器廃絶・平和都市記念植樹式典」を開催し、「被爆地・ヒロシマへの平和バス」岸和田市民実行委員会より届けられた「被爆アオギリ2世」の苗木を市役所駐車場内花壇に植樹しました。

核兵器廃絶・平和都市記念植樹式典

 式典では、市立桜台中学校合唱部による「アオギリの歌」、「fight」の合唱が行われました。

 その後、第23回「被爆地・ヒロシマへの平和バス」市民実行委員長の竹中佐智子さんが「私たちは被爆の恐ろしさを語ると共に、生きる希望を与え、生命力のたくましさを伝えるこの木に感動し、このアオギリの種から育てられた被爆アオギリ2世の苗木を広島市から譲り受け、岸和田市まで持ち帰りました。ここ岸和田でも、被爆アオギリ2世を大きく育てていただくとともに、平和を愛する岸和田市民の心を育んでいただくことを願います。」と話され、野口市長へ被爆アオギリ2世の苗木が手渡されました。

アオギリが市長に手渡される写真

 市役所駐車場では、「被爆地・ヒロシマへの平和バス」参加者とともに被爆アオギリ2世の苗木を植樹しました。

植樹する写真

植樹を終えての記念撮影写真

植樹されたアオギリの写真

第25回非核平和資料展

 また、この日から自泉会館で第25回非核平和資料展が始まり、8月12日までヒロシマに投下された原子爆弾に関する写真パネルなどを展示しています。

自泉会館玄関の案内看板の写真

平和資料展の展示品の写真

平和資料展の展示品の写真

 第25回非核平和資料展は、8月12日(日曜日)まで、自泉会館1階展示室で「ヒロシマ・原爆・私たちが生きるということ」ということをテーマに展示を行っています。

 第25回非核平和資料展の詳細はこちらをご覧ください。


Danjiri city kishiwada