ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 門前町の坂晃典さんがボクシング新人王戦決勝進出を決める

本文

門前町の坂晃典さんがボクシング新人王戦決勝進出を決める

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2012年12月3日掲載

10月28日(日曜日)に、あいおいホール(愛知県刈谷市)で開催された新人王西軍代表決定戦(フェザー級)で、門前町在住の坂晃典(さか こうすけ)さんが、2ラウンド1分52秒TKOで勝利し、第59回全日本新人王決定戦への出場を決めました。

11月30日(金曜日)には、野口市長へ決勝進出の報告に訪れました。
市長は、「12月16日は非常に楽しみにしています。ぜひとも頑張ってきてください」と坂さんを激励しました。

市長と坂さんの写真

大学3年生の坂さんは、中学校2年生の時に父方の親戚がやっているボクシングジムを見学して「かっこいい」と思いボクシングを始めたとのことでした。

「これから減量で、あと2週間で5~6kg減らします。計量が終わればいっぱい食べてまた5kgくらい増えるのですが、その時に体重が戻らない選手もいます。強い身体に産んでくれたお母さんに感謝です」と終始笑顔で話してくれました。
また、減量中はインターネットで焼き肉店の情報をずっと見ていて、終わってからどこに行くのか考えているそうですが、減量の終盤は水分も摂らなくなるので本当に厳しいとのことでした。

坂さんの写真

新人王になれば日本ランキングにも名を連ねることになるそうで、坂さんは「「全日本新人王が目の前にありますが、ゆくゆくは世界チャンピオンになりたい」と大きな夢も語ってくれました。

12月16日(日曜日)に、後楽園ホール(東京都文京区)で東軍代表と新人王をかけて戦います。


Danjiri city kishiwada