ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 小さな消防士! 少年消防クラブ員が”消防訓練”

本文

小さな消防士! 少年消防クラブ員が”消防訓練”

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2012年10月19日掲載

 10月15日(月曜日)、岸和田市少年消防クラブ員(太田小学校5年生82人)が、救助隊員と消防職員から、救助用のロープの結び方や火災時の通報、消火器による初期消火の方法などを学びました。

 岸和田市少年消防クラブとは、少年少女の防火意識育成のため、昭和40年に第1期少年消防クラブを結成して以来、約3,000人がクラブ員として活動を行い、平成24年度で第47期に至っています。

 今年度は太田小学校の教育活動の一環として5年生全員に加入してもらい、活動しています。

救助隊員からロープの結び方を習う少年消防隊員の写真

ロープの結び方を学ぶ少年消防隊員の写真

 救助に使うロープの結び方を熱心に学んだあとは、模擬通報装置を使って119番の通報訓練を行いました。
 子ども達は119番をしてみて、いざ、「119番です。火事ですか? 救急ですか?」と聞かれると緊張するのか、なかなか答えられずに困った様子を見せていました。

119番通報訓練の写真

 いつ来るかわからない、いざ、という時に備えて、こういった練習をしておくのは大変いい機会になったことでしょう。

消火訓練の写真

 その後、グラウンドに出て、訓練用水消火器を使い、初期消火研修を行いました。
 勢いよく出る水の消火器に驚きながらも、一生懸命カラーコーンに向かって水をかけていました。


Danjiri city kishiwada