ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 夏の一夜を明かりとともに楽しむ「久米田池夏まつり」

本文

夏の一夜を明かりとともに楽しむ「久米田池夏まつり」

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2012年7月23日掲載

7月21日(土曜日)に「久米田池夏まつり」が行われました。

このお祭りは久米田池夏祭り実行委員会によって開催されており、今年で3回目になります。

会場となった久米田池西堤の駐車場にはヨーヨー釣りや焼きそばなどの出店が並び、子どもも大人も楽しんでいました。

ヨーヨー釣りのお店

焼きそばのお店

池を渡る風を感じながら、思い思いに過ごす人たち。

久米田池の横で思い思いに過ごす人たち

桜の木の下で語らうおじいちゃんと女の子

 会場に設置されたステージで行われた久米田中学校合唱部の合唱や久米田高校太鼓部の演奏など。お祭りの雰囲気をより一層盛り上げます。

 久米田高校太鼓部が演奏している様子

遊歩道沿いに並んだランプシェードや陶灯篭などの明かり作品が、日が暮れて光が入る瞬間を待ちます。

池の周りに置かれた灯り

会場には、ひときわ大きな「震災復興のあかり」が置かれ、被災された方たちへのメッセージを一生懸命に書く子どもたちの姿が見られました。

東日本大震災の被災地へのメッセージ

日が落ちて明かりに光が入ると、辺りはやわらかな光で包まれました。訪れた人たちからは「きれい。」という歓声があがり、それぞれに幻想的な夏の一夜を楽しんでいました。

日が暮れ、灯りがともった様子

灯りを見ながら散策する人たち


Danjiri city kishiwada