ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 水の事故にご注意! 水難救助訓練を実施

本文

水の事故にご注意! 水難救助訓練を実施

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2012年5月2日掲載
夏に向け、水難事故の増加が予想されることから、岸和田市消防署の救助隊が4月24日(火曜日)~27日(金曜日)の4日間、岸和田市大北町の岸壁で水難救助訓練を行いました。

訓練の写真

訓練の写真

水難救助訓練は、これから水難事故の増加が予想されるこの時期に毎年行っており、4日間で救助隊、救急隊合わせてのべ55人が参加しました。

訓練の写真水難救助訓練の写真

最終日の27日は、水中に車両が転落したとの想定で、コンパスを使った海底の捜索訓練などを行います。

夏場は、水中での視界がほとんどない状況での救助活動となるため、高度な技術や隊員間の信頼関係が非常に重要となります。

水中で活動し始めると、水上からは隊員が持つ目印のブイと酸素ボンベで呼吸する隊員の呼気からしか様子がわかりません。
火災や事故の現場とは違って、指揮者や隊長も救助活動を目で確認することができないので、最も難しい救助現場の一つとのことです。

訓練の写真水上から見る捜索活動

訓練に参加した救助隊員は、「地上とは異なり、水の中では機材も背負っており、思うように身動きが取れないので難しいです。言葉で意思の疎通ができないので、その点に十分気を付けて訓練に取り組みました」と話しました。また、水辺でのレジャーが多くなるシーズンですので、市民の皆さんにも十分注意してほしいとも話していました。

なお、昨年1年間で岸和田市消防署救助隊が出場した水難事故は5件、今年は幸いにも0件となっています。


Danjiri city kishiwada