ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 12年ぶりに積川神社のみこしの渡御が行われました

本文

12年ぶりに積川神社のみこしの渡御が行われました

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2011年10月4日掲載

10月2日(日曜日)、12年ぶりとなる積川神社のみこしの渡御が行われました。

担ぎ手が不足し、平成11年の渡御を最後に途絶えていましたが、周辺に住む人たちから復活を望む声が多く寄せられ、今回の復活となりました。

今年は、積川神社から額町の御旅所まで約8キロメートルの道のりを渡御しました。

積川神社を出発する様子

金色に輝くみこしに、沿道の人からは「きれい!」と声があがりました。

みこしの渡御の様子

久米田寺では額町の人も加わり、額町の鳥居まで渡御しました。

御旅所での様子

みこしの下をくぐると神社にお参りするのと同じご利益があるといわれており、見物の人たちも無病息災を祈念し、次々とみこしの下をくぐっていました。

みこしの下をくぐる人たちの写真

今回のみこしの復活に関わった積川町や額町の人たちは「あらためて、伝統の重みを実感した。今後も続けていけたら」と話していました。


Danjiri city kishiwada