ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 岩手県宮古市に派遣の職員 市長に報告

本文

岩手県宮古市に派遣の職員 市長に報告

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2011年8月19日掲載

被災地の避難所及び家庭訪問による保健指導のため、7月12日(火曜日)~8月11日(木曜日)の間、岩手県宮古市に派遣されていた職員(保健師)が、現地の状況などを市長に報告しました。

報告の様子

「担当した業務は、主に仮設住宅を訪問し、健康訪問や乳児検診を行うことでした。今後の生活についての心配する声が多く、子どもがいる母親から『津波や地震が怖くて眠れない』などの相談を受けました。宮古市は、保健センターも被災しているので公民館を間借りして業務を行っていました。」

仮設住宅 宮古市の仮設住宅

「現地は、5ヶ月経った今もまだまだ厳しい状況で、今後はPTSD(心的外傷後ストレス障害)などに対する精神的なケアも必要と感じました。現地の職員の人達も明るく働いていますが、長期になってきているので、その心についても心配です。また、息の長い支援が必要になるだろうから、これからも大阪からでもできる支援もしたいです」と話しました。

大阪から来たことを伝えると、現地の人から「遠くから来てくれてありがとう」と喜ばれたのがうれしかったそうです。

報告を受けた市長は、「この貴重な経験を今後の業務にも生かしてほしい。お疲れ様でした」と職員をねぎらいました。

報告の様子 

現地の職員からは、「観光客が減っているので、たくさんの人に観光に来てほしい」と言われたそうです。宮古市にも豊かな観光資源が多くあり、観光に来てもらうことで被災地の支援にも繋がるとのことです。

宮古市での勤務姿  


Danjiri city kishiwada