ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 土生公園で市無形文化財「土生鼓踊り」が行われました

本文

土生公園で市無形文化財「土生鼓踊り」が行われました

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2011年8月19日掲載

8月14日(日曜日)と15日(月曜日)、毎年恒例の「土生鼓踊り」がにぎやかに行われました。

その昔干ばつが続いたとき、土生の百姓たちが葛城山頂の神に雨乞いし、その願いがかない雨が降り、百姓たちは大喜びし、太鼓や樽を叩いて踊ったのが始まりとされています。現在は、 岸和田市無形文化財にも指定されています。

昨年まで東岸和田市民センター(土生町)の駐車場で行われていましたが、市民センターがJR東岸和田駅前のリハーブ内に移転したこともあり、今年から、リハーブすぐ横の防災機能を備えた土生公園で行うことになりました。

市長のあいさつ

やぐらの上では、樽たたきのたたき手が、「ぶち」とよばれる独特の短いばちで、やぐらの中を所狭しと動き回り、テンポを刻みます。

たたき手 

土生町の青年団や婦人会の人たちが、土生町鼓踊り保存会の音頭に合わせて踊ります。

土生鼓踊り 土生鼓踊り

 暑さにも負けず、大勢の観客を集めて、踊りは夜遅くまで続きました。


Danjiri city kishiwada