ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 岸和田市民病院で高校生がふれあい看護体験

本文

岸和田市民病院で高校生がふれあい看護体験

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2009年8月8日掲載

 8月4日(火曜日)、市民病院で「平成21年度ふれあい看護体験」が行われました。
 ふれあい看護体験は、高校2・3年生を対象に、看護に対して明るいイメージを持ってもらうことや、進路の決定の参考となるように看護に対する理解を深めてもらうことを目的としています。

手浴をする高校生足浴をする高校生
 公募で集まった高校生8人は、病院の看護師から手浴・足浴や血圧測定、体位変換の方法などの看護技術を教わり、高校生同士が交代で患者役と看護師役となってこれらの看護技術の体験をしました。

 看護体験をしてみて、高校生の1人は「足浴をしてもらって気持ちよかった。でも、足浴をやってみると、もっとこうしてあげればよかったと思った」と話し、看護に対する思いを深めていました。また別の高校生は「将来、看護師になりたくて今回の体験に参加しました。病院の見学だけでなく、技術的なことが学べて本当に楽しいです」と目を輝かせていました。


Danjiri city kishiwada