ページの先頭です。 本文へ
現在地 トップページ > きしわだの話題 > 平成21年 「包近の完熟桃」出荷はじまる

本文

平成21年 「包近の完熟桃」出荷はじまる

記事ID:[[open_page_id]] 更新日:2009年6月16日掲載

 府内最大の桃の生産量を誇り、「包近の完熟桃」として知られる包近町の桃の出荷が平成21年6月14日(日曜日)始まりました。

採れたての桃の写真

 選果場には、その日の朝に収穫された完熟桃が集められ、傷などがないか1つずつ丁寧に確認し、選果機で大きさ・重さ・等級別に分けて箱詰めされ、すぐに市内の市場や大阪の市場に出荷されます。

桃の箱詰め作業の写真

桃の出荷作業の写真

 出荷が始まったのは極早生品種の「はなよめ」。以降は、「日川白鳳」「白鳳」「清水白桃」と時期によって品種を変えながら8月上旬まで出荷されます。

 今年(平成21年)の桃の出来について、包近桃出荷組合長の松本潔氏によれば「5月に雨が少なかったため少し小粒ではあるが、好天が続いたおかげで例年以上に甘い桃になった」とのことです。

 包近町の桃選果場は消費地に近いため、糖度が増すまで木で熟し、食べごろを見極めて出荷できます。選果場前内に設置された即売コーナーは、その日に収穫された食べごろの桃が買えるとあって、例年、販売開始の前から行列が出来るほどの人気です(販売は先着順)。

 問い合わせ先:包近桃選果場(電話:072-441-2304)

平成24年の情報(即売期間など)はこちら


Danjiri city kishiwada