ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 岸和田だんじり祭 > 大手町だんじり紹介

大手町だんじり紹介

印刷用ページを表示する 2009年3月3日掲載

大手町のだんじり写真(平成20年)

宮入り神社岸城神社
製作昭和15年
大工植山 宗一郎
彫物師木下 舜次郎

彫物図柄

見送り難波戦記
土呂幕正面秀吉本陣佐久間の乱入
右面福島正則 拝郷五左衛門討取
左面加藤清正の勇戦

特徴

 町名は、岸和田城大手門の浜手に位置することによる。大手町のだんじりは新調時には「姿千両」と称えられた姿見の良い大型だんじりで、太平洋戦争勃発の緊迫した時期に製作された。特に正面土呂幕「秀吉本陣 佐久間の乱入」はその技巧的な仕上がりは見事で一見に値する。