ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 岸和田だんじり祭 > 大北町だんじり紹介

大北町だんじり紹介

印刷用ページを表示する 2012年9月1日掲載

大北町のだんじりの写真

宮入り神社岸城神社
製作平成24年
大工田中 隆治
彫物師岸田 恭司

彫物図柄

見送り越前北之庄落城
土呂幕正面足海峠 加藤孫六嘉明ノ功名
右面鳥打坂 糟屋助右衛門武則ノ功名
左面庭戸濱 福島市松正則ノ功名

特徴

 宵宮午前6時、浜七町の先陣を切ってカンカン場へと向かう大北町のだんじりの勇姿は岸和田だんじり祭の幕開けを飾る。だんじりは先代の良さを引き継ぎ、切妻型だんじりの代表格ともいえる姿見の良さを誇る。後連子には昔の大北町の行事が再現されている。また、台木には歌会始めの勅題が刻まれている。纏は秀吉公の千成瓢箪をかたどったもので、岡部公より拝領したと伝えられている。