ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 岸和田だんじり祭 > 中町だんじり紹介

中町だんじり紹介

印刷用ページを表示する 2009年3月3日掲載

中町のだんじり写真(平成20年)

宮入り神社岸城神社
製作大正11年
大工田端 辰次郎
彫物師開 正藤
開 生●(●は王へんに民)

彫物図柄

見送り賤ヶ岳合戦
土呂幕正面源義家 奥州衣川において貞任を追う
右面粟津合戦 勇婦巴御前
左面石橋山合戦

特徴

 中町のだんじりは、大屋根の両角に、見事な房が掛かっていますが岸和田では初めて飾られたものであり、また後ろ旗は金糸・銀糸の刺繍によって、龍が珠を抱いて天に昇る姿を表していて、大変豪華なものとなっています。彫物では、大屋根の垂木と木鼻の唐獅子が口の中に珠をくわえている彫刻は見事です。