ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 岸和田だんじり祭 > 南上町だんじり紹介

南上町だんじり紹介

印刷用ページを表示する 2009年3月3日掲載

南上町のだんじり写真(平成20年)

宮入り神社岸城神社
製作昭和32年
大工天野 藤一
彫物師木下 舜次郎

彫物図柄

見送り難波戦記
土呂幕正面石川五右衛門 千鳥の香炉盗り
右面新納武蔵守の落馬に加藤清正槍を収める
左面加藤清正 新納武蔵守の一騎打

特徴

 新興住宅地であるため、だんじりを保有していなかったが、「南上町にだんじりを」と願う有志が集まり活動を始め、平成6年に植山工務店より子どもだんじりの寄贈を受けてだんじり曳行を始める。平成13年からは、町保有のだんじりとなり、町ぐるみでのだんじりの曳行となる。中北町のだんじりを購入、平成19年より岸和田地区の曳行に参加の運びとなる。