ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 岸和田だんじり祭 > 南町だんじり紹介

南町だんじり紹介

印刷用ページを表示する 2009年3月3日掲載

南町のだんじり写真(平成20年)

宮入り神社岸城神社
製作平成7年
大工植山 良雄
彫物師岸田 恭司

彫物図柄

見送り川中島大合戦
土呂幕正面岸和田大乱戦
右面堀川の夜討
左面四条畷の合戦

特徴

 岸和田城下五町の一つである南町。だんじりは、平成7年に植山良雄により製作された。正面土呂幕には町内天性寺(日本一大きな地蔵堂と言われている)に安置される蛸地蔵尊の縁起にちなみ、蛸に乗った法師が錫杖を手に持ち、敵勢をなぎ倒す「岸和田大乱戦」が独創的に彫刻されている。天井部分の格天井には、見事に十二支が彫られております。纏は、蛸地蔵伝説の蛸の姿を頭に三方正面となっています。
 やりまわしの際、綱元が地面に体を倒しながらだんじりを操作するさまは、現在では南町特有である。