ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 岸和田だんじり祭 > 本町だんじり紹介

本町だんじり紹介

印刷用ページを表示する 2009年3月3日掲載

本町のだんじり写真(平成20年)

宮入り神社岸城神社
製作昭和7年(昭和8年完成)
大工絹井 楠次郎
田端 辰次郎
彫物師吉岡 義峰
森 曲江

彫物図柄

見送り一ノ谷合戦
土呂幕正面巴御前の勇姿
右面源義経八艘飛
左面平景清錣引き

特徴

 古い町並みが残る紀州街道沿いに位置する本町。だんじりは豪奢な彫物と、上丹生(醒ヶ井)彫の芸術的な彫物で埋め尽くされている。特に大連子の「大江山」は見事な作品である。纏は岡部公より拝領したと伝えられる唐人笠兜(かさかぶと)。岡部家は朝鮮通信使の接待役を数度務めており、城下で最も栄えていた本町は、藩主の役目に何らかの貢献があり、その恩賞として頂いたものと推測される。