ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 文化国際課 > 岸和田市文化振興条例が制定されました

岸和田市文化振興条例が制定されました

印刷用ページを表示する 2013年4月1日掲載

市民のみなさんが、様々な活動を通じて、豊かで充実した生活を送れるまちづくりを目指し、総合的な文化施策の推進を図るため、「岸和田市文化振興条例」が制定されました。

文化の振興にあたり、基本となる考え方を定めました 

  1. 市民一人一人の自主性及び創造性を十分に尊重すること。
  2.  文化を創造し、享受し、参加することが人々の生まれながらの権利であることに鑑み、市民が等しく文化を身近なものとして感じられるよう環境の整備を図ること。
  3.  文化の多様性を尊重するとともに、その他の分野との関係において連携を図ること。
  4.  地域に根ざした文化を市民の財産として育み、次代に引き継ぐこと。
  5.  文化を担う人材の発掘及び育成を図ること。

市民、団体、市の役割を定めました

文化の振興は、行政が取り組むだけでなく、文化活動の主体である市民、またその支援者となる団体がお互いに連携や協力して取り組むべき課題です。そのため、三者の役割を定めました。

市民の役割

  1. 市民は、自らが文化を担う主体として、文化活動を行うよう努めるものとする。
  2. 市民は、自らが文化活動を行う場合にあっては、当該文化活動を通じ、文化の振興に積極的な役割を果たすよう努めるものとする。
  3. 市民は、市が実施する文化の振興に関する施策に協力するよう努めるものとする。

団体の役割

  1. 団体は、広く市民の文化活動を支援するよう努めるものとする。
  2. 団体は、自らが文化活動を展開する場合にあっては、当該文化活動を通じ、文化の振興に積極的な役割を果たすよう努めるものとする。
  3. 団体は、市が実施する文化の振興に関する施策に協力するよう努めるものとする。

市の役割

  1. 市は、前条に定める基本原則にのっとり、文化の振興に関する施策を総合的かつ計画的に実施するものとする。
  2. 市は、文化の振興に関する施策の実施に当たり、市民及び団体との協力及び連携を図るよう努めるものとする。

また、本市の現状や課題に対応する文化振興計画の策定について規定し、総合的かつ計画的な施策の推進を図っていくとしています。

条例は、こちらからダウンロードできます。文化振興条例 [PDFファイル/109KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)