ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 消防署 > 消防署救助隊が関西空港海上保安航空基地機動救難士と合同潜水訓練を実施しました

消防署救助隊が関西空港海上保安航空基地機動救難士と合同潜水訓練を実施しました

印刷用ページを表示する 2017年6月3日掲載

この訓練は、平成29年5月24、25日の2日間、関西空港海上アクセス基地巡視艇桟橋周辺海域において、関西空港海上保安航空基地機動救難士、大阪府警察及び大阪市消防局、堺市消防局、岸和田市消防本部、貝塚市消防本部、泉州南広域消防本部との水難救助現場における相互の連携及び円滑な活動を行う事を目的とし、また救助隊員の更なる潜水技術の向上の為行った訓練です。

訓練開始挨拶  機動救難士による訓練説明

潜水訓練開始  潜水訓練中

岸壁からの入水訓練  巡視艇からの入水訓練

潜水訓練開始