ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

下水道管

印刷用ページを表示する 2015年3月27日掲載

 下水道管は、道路の下に埋設します。既に埋設されている管(ガス、水道、電気、電話等)を避けながら自然勾配で工事をしなければならないという難点があります。場合によりガス管、水道管等を移設して下水道管を埋設した後、先に移設した物件を復元します。

 埋設工事の方法には開削工法、推進工法、シールド工法といろいろありますが、ここでは一般的な開削工法について紹介いたします。

 この工事の方法は、重機等を用いて必要なスペースを掘り、下水道管を布設するものです。
 掘削
 管布設

 埋め戻し(完了)