ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 浄水課 > 貯水槽水道(簡易専用水道・小規模貯水槽水道)

貯水槽水道(簡易専用水道・小規模貯水槽水道)

印刷用ページを表示する 2016年3月1日掲載

 成25年4月1日から、水道法に基づく専用水道・簡易専用水道関係の事務が岸和田市に移譲されました。

 設置者は届出などを行い、適正な維持管理を行ってください。

貯水槽水道とは

 貯水槽水道とは、ビル・マンション・学校などの建物で、市から供給される水をいったん受水槽に受けたのち利用者に給水する施設の総称です。
 受水槽流入口までの水質管理は市が行いますが、受水槽以降の管理は設置者(建物所有者・管理を委託されている方など)が自らの責任で行わなければなりません。

  ⇒パンフレット:img2 貯水槽水道の衛生管理 [PDFファイル/1.57MB]

貯水槽水道イメージ図

貯水槽水道の分類

 貯水槽水道は、受水槽の有効容量によって2種類に分類されます。 

貯水槽水道の分類イメージ図
 受水槽の有効容量が「10立方メートルを超える」ものは簡易専用水道に該当し、水道法で適切な管理が義務付けられます。
 受水槽の有効容量が「10立方メートル以下」ものは小規模貯水槽水道に該当し、法の適用は受けませんが、簡易専用水道に準じた管理に努めてください。

受水槽の構造イメージ図
 ※有効容量とは、受水槽のボールタップ・電極などにより設定された適正に利用できる容量であり、総容量とは異なります。
 ※消火用・工業用などに利用されるものであって、まったく飲用されない受水槽は、有効容量が10立方メートルを超えていても簡易専用水道には該当しません。
 ※有効容量が100立方メートルを超える受水槽は、専用水道として別の規制を受ける場合があります。

簡易専用水道に関する届出について

 岸和田市では簡易専用水道の管理の適正を図るため、『岸和田市簡易専用水道管理運営指導要綱』により、簡易専用水道の設置者などが遵守すべき事項について次のとおり定めています。
  img2 岸和田市簡易専用水道管理運営指導要綱 [PDFファイル/43KB]

1.届出が必要です。

様式

簡易専用水道の給水を開始したとき

img1 簡易専用水道給水開始届 [Wordファイル/42KB]

img2 簡易専用水道給水開始届 [PDFファイル/86KB]

img2 記入例 [PDFファイル/912KB]

簡易専用水道を休止又は廃止したとき

img1 簡易専用水道(休止・廃止)届 [Wordファイル/30KB]

img2 簡易専用水道(休止・廃止)届 [PDFファイル/26KB]

簡易専用水道の設置者・施設などを変更したとき

img1 簡易専用水道届出事項変更届 [Wordファイル/29KB]

img2 簡易専用水道届出事項変更届 [PDFファイル/30KB]

2.水質異常や事故が発生したときは、速やかに報告してください。
     

様式

給水の異常により水質検査を実施したとき

img1 水道事故報告書 [Wordファイル/28KB]

img2 水道事故報告書 [PDFファイル/25KB]

水質汚染事故の発生などにより給水停止を行ったとき

その他水質に関する事故が発生したとき

簡易専用水道設置者の義務

 簡易専用水道の設置者は、水道法で定められた管理を行う義務があります。小規模貯水槽水道の設置者についても、これに準じた管理に努めてください。

必要な衛生管理

1.法定検査の受検  
 1年以内ごとに1回、厚生労働大臣の登録を受けた検査機関に依頼して検査(有料)を受けなければなりません。検査を怠った設置者には、罰則が適用されることがあります。
 ※ 簡易専用水道検査機関については、厚生労働省のホームページをご覧ください。
    http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/topics/bukyoku/kenkou/suido/suishitsu/02a.html

◆設置者は、検査結果を速やかに市に報告してください。また、登録検査機関から特に衛生上問題があるため市に報告するよう助言を受けた場合は、直ちに報告してください。
 ※報告は、自ら行うか登録検査機関に代行報告を依頼することも出来ます。
◆検査の結果、改善を要する事項がある場合は、速やかに対策を講じてください。


2.水槽の清掃 
 1年以内ごとに1回、受水槽・高置水槽の清掃を定期的に行ってください。 
 水槽の掃除を設置者が自ら行わない場合は、「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」に基づき、大阪府知事に登録している建築物飲料水貯水槽清掃業者に依頼して実施するようにしましょう。


3.水質検査 
 水が安全であることを確認するため、毎日蛇口の水を透明なガラスコップに入れ、水の色・濁り・臭い・味に異常がないかチェックしましょう。また、十分に消毒ができているかを確認するため、残留塩素を測定しましょう。
 異常があった場合は、専門の水質検査機関で水質検査を行ってください。


4.施設点検 
 有害物や汚水などによって水が汚染されていないか、水槽などを定期的に点検してください。
 地震や大雨などがあった場合は、水槽が汚染されるおそれがあります。速やかに点検し、安全を確認してください。


5.その他(書類の整理保存) 
 適正な管理を行うために、施設の配置・給水系統などの図面、受水槽・高置水槽の清掃記録及び定期検査に関する帳簿書類は、日頃より整理保存をしておいてください。書類の保存期間は、設備の配置・給水系統などの図面は永年、その他の管理記録は5年です。

汚染事故が起こったら・・・

 水質に異常があると分かったときは、次のような措置をとることが義務付けられています。
 (1)水質に異常を認めたときは、水質基準のうち必要な項目について水質検査を行うこと。
 (2)給水された水により健康を害するおそれがあるとわかったときは、直ちに給水を停止し、使用者などに周知すること。

※水質異常や事故が発生した場合は、市に連絡してください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)